スキンケア

クレンジングの種類・肌に合った選び方・使い方について


角質のザラつき、毛穴の黒ずみ、毛穴の皮脂づまりが気になる

クレンジングにもオイルクレンジングやジェルクレンジング、バームクレンジングなど色んな種類があるけどどれがいいの?

百貨店やドラッグストアにたくさん並んでいて何を基準に選べばいいのか迷う‥と感じたことはありませんか?

エステティシャンがクレンジングの種類・肌にあった選び方・クレンジングの正しい使い方についてお教えします!

1.クレンジングの目的は?

メイクなど肌表面にある油性汚れを落とすことがクレンジングの目的です。

クレンジングでメイクをきちんと落とせていない、洗い残しがあると古い汚れが肌の表面に溜まり、角質のザラつき、ゴワつき、毛穴のつまり、黒ずみ、ニキビ、くすみ、シミなどの肌トラブルの原因になり、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

メイクをした場合はクレンジングできちんと汚れを落としてからスキンケアをおこないましょう。

2.クレンジングの種類は?

オイルタイプ(油分)/洗浄力 ★★★★

クレンジングの中でも多いオイルタイプのクレンジング。主成分が油分でできているオイルクレンジング。

ウォータープルーフの落ちにくいメイク、アイメイク、UVなどを短時間で簡単に落とすことができます。液体タイプは量が少ないと肌を摩擦してしまったり、必要以上に皮脂をとりすぎてしまい乾燥しやすいことも。 

バームタイプ(油分)/洗浄力 ★★★★

バーム状になっているオイルタイプのクレンジング。

肌になじませるとバームが溶けてオイルクレンジングのようになることが特徴です。とろんとしたテクスチャーが気持ちいいが、アイテムによっては皮脂を必要以上に取りすぎてしまい乾燥しやすいことも。

ジェルタイプ(水分)/洗浄力 ★★★★

主成分が水分でできているジェルタイプのクレンジング。

ジェル状になっているので肌にピタッと密着し、メイク汚れを浮かせてくれ、厚みを保つことができるので、摩擦も少なく、洗い上がりは乾燥しづらいことが特徴。

ミルクタイプ(油分)/洗浄力 ★★

主成分が油分でできているミルクタイプのクレンジング。

乳液のようなテクスチャーで肌に優しいので肌荒れが起きやすい方、スキンケアがピリピリする時などにおすすめ。ただし、濃いメイクなどの洗浄力にはかけてしまうところも。

クリームタイプ(油分)/洗浄力 ★★★

主成分が油分でできているクリームタイプのクレンジング。

こっくり、しっとりしたクリームテクスチャーなので、肌が乾燥しやすい、肌荒れしやすいという方におすすめ。アイテムによってはファンデーションやアイメイクは落ちにくいことも。

シートタイプ/洗浄力 ★

主成分がオイルやアルコールでできているのがシートタイプのクレンジング。

お手軽でふき取るだけでメイクが落とせるものだが、摩擦やクレンジング剤が肌についたまま就寝することになるのでエステティシャン的にはおすすめしない。

3.肌に合ったクレンジングの選び方は?

敏感肌向け

肌荒れがおきやすい、肌がピリピリする敏感肌の場合は、肌に負担の少ない「ミルクタイプ」もしくは「クリームタイプ」がおすすめ。

クレンジングを肌になじませて、優しくなじませてメイク汚れを落としましょう。メイクアップコスメをミネラル成分のものやメイクを薄くしておくと肌に負担がかかりにくく落ちやすい。

乾燥肌向け

洗顔後に肌がつっぱる、冬になると粉がふくような乾燥肌の場合は、水分量が多い「ジェルタイプ」もしくは洗い上がりがしっとりする「クリームタイプ」がおすすめ。

クレンジングを少し多めに手に取り、優しくなじませてメイク汚れを浮かせましょう。

脂性肌向け

洗顔をしても顔全体がテカリやすい脂性肌の場合は、水分量が多い「ジェルタイプ」もしくは洗浄力もあり肌が乾燥しづらい「バームタイプ」がおすすめ。

20代前半まではホルモンバランスが安定せず、皮脂の分泌が盛んでニキビができやすいですが、20代後半からの部分的なテカリは乾燥によるものが多いです。

クレンジングを少し多めに取り、優しくなじませてメイク汚れを浮かせ、皮脂汚れを溜め込まない肌環境に変えることが大切。

4.クレンジングの正しい使い方は?

1.マスカット大ほどの量を手に取り、お顔全体に伸ばします。

どのタイプのクレンジングも少し多めかな?と感じるくらいを手に取りましょう。

量をケチってしまうと、肌と手がこすれて摩擦がおきやすくなってしまいます。

2.メイクになじませてクルクルとすべらせながら汚れを浮かせる。

3.ぬるま湯〜水で洗い残しのないようにていねいに洗い流しましょう。

熱いお湯で洗うと、肌の水分が奪われて乾燥しやすくなってしまいます!

洗い終わったら、タオルで水分を吸い取るように優しく!ゴシゴシしないように。

肌質は人それぞれ違うので、オンラインや対面で肌質チェックや個別スキンケアをレッスンしています♪

画像を押すと詳細ページに移動します 

エステティシャンおすすめ!「ジェルクレンジング」が総合的に優秀!

クレンジングのタイプによってメリットやデメリットはさまざまですが、比較的洗浄力もあり、どの肌質でも安心して使えるのは「ジェルクレンジング」です。

水分ベースでできているので、洗い上がりは乾燥しづらく、べたつかないし、メイクの汚れや毛穴汚れも落としやすいことが特徴。

「薬用クレンジングジェル EL」

エステティシャンのおすすめはプロユースタイプの「薬用クレンジングジェルEL」。

有効成分として肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」やビタミン、アミノ酸、ミネラルを含む「プラセンタエキス」が配合されているので、肌荒れやニキビ予防くすみ予防にも。

透明のジェルタイプのテクスチャーで肌にピッタリ密着します。

これ1本でもウォータープルーフのマスカラもアイラインも、リップも落とせます。

ファンデーションもきれいに落ちるので、落ちきれてないかも‥と感じることもありません。

サロンでしかお取り扱いがないので、下のアプリより、私のサロン経由で購入することも可能です。

アプリをインストールし、

サロンID:113611

認証コード:93056489

サロンIDと認証コードを入力し、お客様情報を入力すると登録完了します。

検索ボックスに「薬用クレンジング」と入力するとアイテムが表示されます。

自分の肌にあったクレンジングを選び、正しくケアしてくださいね♪

【スキンケアの基本】 クレンジングの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 洗顔の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 化粧水の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 美容液の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 シートマスクの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 乳液、クリームの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

エステティシャン・寒川あゆみについてはこちら

https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa

-スキンケア
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 エステティシャンによる美容の教科書 Powered by AFFINGER5