スキンケア

【プロが教える】目元や口元、フェイスラインのたるみが気になる‥たるみ対策スキンケア法


サロンにご来店されるお客様などのお話をお伺いしていると、

「年齢とともに目元や口元のシワが目立ってきた」「ほうれい線が気になる」

「目尻が下がってきた」「目元のぽっこりしたのが気になります」

「顔に引き締まり感やシャープさがなくなった」「フェイスラインがもたついてきた」「顔が疲れたような、老けたように見える」など、

「シワ」「たるみ」に関するお悩みも多いです。

あなたが今気になっているのは、「シワ」なのか「たるみ」なのかをきちんと把握すること。

「たるみに良いと言われるスキンケアを使ったけど、よくわからなかった」という人は、使い方が間違っていたり、本来ケアするべきところが違うことも。

「シワ」なのか「たるみ」なのかを明確にし、

「シワ」「たるみ」の数を増やさない、「シワ」「たるみ」の状態を加速させないためのスキンケアを始めましょう。

「たるみ」の原因や特徴は?

「たるみ」の原因は、土台となる筋肉が衰え、肌を支えきれなくなること、コラーゲンやエラスチンの鮮度が落ち、肌の弾力がなくなったことから「たるみ」が目立ちます。

筋肉の動きがあり、皮膚が厚い部分である頬やフェイスライン、まぶたなど下垂したように見えるのが「たるみ」です。

弾力のあるゴムのようにピンっと張っていた筋肉が、だんだん伸びたゴムのようにハリがなくなることで、その上にある皮膚までもが同じように下垂し、肌がたるんで見えます。

その結果、「肌に引き締まり感がない」「顔がたるんだように見える」「顔が疲れたように見える」と感じます。

筋肉を衰えさせないように、日々の表情の使い方を意識する、マッサージなどでこりをほぐし、筋肉をしなやかにする、美顔器やサロンケアで筋肉を強化する、肌の弾力の鮮度を高める意識がたるみ予防です。

★「シワ」が悩みの方はこちらのページへ

「たるみ」の場合:表情筋のこりをほぐして柔軟にし肌弾力を高めること

たるみの初期段階の場合は、血液やリンパ、こりをほぐして筋肉をしなやかな状態にしておくことが大切です。

準備運動もせず、いきなり運動不足で固くなった筋肉を鍛えるよりも、やわらかくほぐし、不要な老廃物や荷物を流してから引き締めていくイメージです。

たるみ対策 表情筋マッサージ法

(1)洗顔後の肌に、マッサージオイルを顔全体に広げます。

(2)全体を流す

①あご先から口角に向かって手を密着させ、②目の下に向かってあがり、③頬を顔の外側に広げ、④こめかみから眉毛を持ち上げておでこを通り生え際に向かって流す。

(3)フェイスラインを流す

あご裏に親指を置き、人差し指の面を口角、法令線にそわせ、噛み合わせまわりの筋肉をほぐすように耳の付け根に向かって流す。(あごからフェイスライン、口角から耳の付け根の2線を意識する)ゆっくり5回繰り返す。

指の関節を使いながら、あごからフェイスライン、口角から耳の付け根の2線のこりをほぐすようにゆっくり5回繰り返す。

(4)頬を流す

指の関節を使いながら、小鼻から目頭の下、頬骨の下から目尻、かみ合わせからこめかみに向かって少しづつずらしながら5セット流す。(目元は皮膚が薄いので、関節で押すというよりも、すべらすように。)

(5)目元を流す

中指と薬指を使って、目頭から目尻に向かって優しく5回流す。

こめかみを押さえて、円を描くようにほぐす。

眉頭の下にあるくぼみに、親指の腹を当てて、上に持ち上げるように押す。

(6)おでこに向かって流す

人差し指の面を、鼻の側面に当てて、頬をすくいあげるようにこめかみに向かって流し、薬指で眉毛の筋肉を持ち上げておでこを通り、生え際に向かって流す。5回繰り返す。

たるみ対策スキンケア

(1)化粧水

①コットンに化粧水を含ませて、マッサージオイルをさっとふき取る。

②新しいコットンに化粧水をたっぷり含ませて、優しくおさえるように浸透させる。

バシャっとつけても、一気に化粧水は浸透しません。ていねいになじませて、肌がひんやりしてきたら浸透しているサイン。

化粧水の種類・肌に合った選び方・使い方について 記事もご参考に

(2)シートマスク

美容成分が含まれているシートマスクをぴったり密着させ、フェイスラインのすそをキュッと上にひっぱってリフトアップをかけます。

(乾燥肌や細かなシワが気になる人は、ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿タイプのシートマスク、たるみやエイジングが目的の人は、ヒト幹細胞やアルブチン、レチノール、フラーレンなどのエイジングタイプのシートマスクがおすすめです。)

シートマスクの種類・選び方・使い方について 記事もご参考に

(3)蒸しタオルパック

シートマスクの上から、鼻と口を開けてラップをのせ、蒸しタオルをのせて5分置きます。

(フェイスタオルを水で絞り、ラップにくるんでレンジで約1分温めると蒸しタオルが出来ます。)

蒸しタオルによる血行促進、こりほぐし、スキンケアの浸透を高めます。

蒸しタオルとラップをはずして、あと5分シートマスクを置くと、毛穴が引き締まりやすくなります。

(4)乳液、クリーム

パックをはずしたあとは、乳液、クリームを重ねてお肌の水分を逃さないように保湿しましょう。

乳液・クリームの種類・自分の肌に合った選び方・使い方 記事もご参考に

エステティシャンおすすめの「たるみ」対策スキンケア

月下香 オーガニック ゴールデンホホバオイル

ホホバオイルは人の皮脂と似た成分でできているので、マッサージをしながら肌の保湿もしてくれます。

ディアガイア セルリファクター エイジレスリフティングローション

ヒト幹細胞培養液と高濃度ビタミンC、アルブチン、ヒアルロン酸が入っている化粧水。

保湿力はもちろん、毛穴の引き締めやエイジングケアにもおすすめです。

ビーマイナステン プレミアムフェイスマスク

ヒト幹細胞培養液、5種コラーゲン、5種ヒアルロン酸、5種セラミドが配合されています。細胞活性を促し、保湿力、ハリ感、透明感の出るシートマスクです。

スイ スーリール Msc コンセントレートクリーム

グロースファクターが含まれたヒト幹細胞上清液成分、ヒアルロン酸などが細胞活性スイッチの役目を果たし、ぷりっとハリのある肌を作ります。

ご紹介したアイテムは、プロユースアイテムにつき、BCCアプリ から購入可能です。

インストール後、登録画面に進み、サロンIDと認証コードを入力し、お客様情報を入力すると登録完了します。

サロンID:113611

認証コード:93056489

検索ボックスに「商品名」「化粧水」「美容液」などキーワードを入力するとアイテムが表示されます。

自分の肌にあったスキンケア法を取り入れてみてくださいね♪

【スキンケアの基本】 クレンジングの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 洗顔の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 化粧水の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 美容液の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 シートマスクの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 乳液、クリームの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

エステティシャン・寒川あゆみについてはこちら

https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa

-スキンケア
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 エステティシャンによる美容の教科書 Powered by AFFINGER5