スキンケア

化粧水の種類・肌に合った選び方・使い方について


スキンケアをしているのに肌が乾燥しやすい、乾燥によって肌がピリピリする、肌に透明感やうるおいが欲しい、ツルツルなお肌になりたいなど、肌の質感や見た目の変化を求める方も多いのではないでしょうか?

なんとなく毎日スキンケアしているけど化粧水の違いって何? 化粧水ってどれだけ塗るのが正解? 自分の肌に合う化粧水ってどのタイプ? 化粧水の効果的な使い方ってあるの? など、化粧水の選び方や使い方に疑問を感じている方も多いのではないでしょうか?

エステティシャンが化粧水の種類・肌にあった選び方・化粧水の正しい使い方についてお教えします!

1.化粧水の目的は?

私たちが「あれ?肌が乾燥しているかも」や「肌トラブルがおきてる」と感じるのは、肌の表面にある「角質層」のことを言います。

角質層は「水分」と「油分」がシーソーのように均等にバランスを保つことで肌のコンディションを保っています。

「水分」が少なすぎると、肌の内部や表面が水分不足になり、砂漠のようにカサカサし、乾燥、肌荒れ、粉ふきなどを感じたり、肌を守らなきゃ!と皮脂が過剰に分泌します。

「油分」が少なすぎると、肌の内部や表面の水分が逃げやすくなり、乾燥やカサつきを感じ肌トラブルを招きやすくなります。

なので、肌トラブルを作らない、長引かせないためには「水分」と「油分」のバランスを崩さないことが一番重要です。

「化粧水」の目的や意味は「水分」をおぎない、肌にうるおいを与え、肌のキメを整えることが目的です。

いくら高い化粧水を使っていても、量をケチっていたり、正しい使い方が出来ていないと意味がないので、正しい使い方をすることもポイントです。

2.化粧水の種類は?

さっぱりタイプ・シャバシャバタイプ

化粧水の中でも人気が高いのは、シャバシャバしたテクスチャーでさっぱりタイプのもの。

化粧水のなじみが早いことと、化粧水を塗ったあとでもベタつきにくいのが人気の秘訣ですね。

しっとりタイプ・とろみタイプ

こちらも人気な、とろみがあってしっとりしたテクスチャータイプのもの。

化粧水を塗るとうるおいヴェールがかかったようなしっとり感があるので、すぐに肌が乾燥するという方に人気です。

「さっぱりシャバシャバタイプ」か「しっとりとろみのあるタイプ」かのテクスチャーは好みでOK!!

3.肌に合った化粧水の選び方は?

敏感肌向け

敏感肌やアレルギー肌の方は、角質層の上にあるバリア機能が弱いため、肌荒れがしやすい、プツプツができやすい、赤みが出やすいと感じます。

肌にも備わっている「セラミド」や肌細胞の種となる「EGF」「ヒト幹細胞」などの肌のバリア機能を高める成分が入っている化粧水がおすすめにです。

乾燥肌向け

冬になると粉が吹くようなカサカサ感やひどくなるとかゆみが出る、化粧水を塗ってもすぐに乾燥して足りないと感じるのが乾燥肌タイプ。

乾燥肌の場合は角質層で水分を停滞させる力が弱く、逃げやすいことが特徴。

保水力や保湿力の高い「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プリテオグリカン」「セラミド」「ヒト幹細胞」などの成分が入っている化粧水が良いでしょう。

脂性肌向け

脂性肌の場合は、顔全体がテカリやすく、毛穴が目立ちやすい、ニキビが出やすいと感じます。

(鼻やおでこだけなど部分的なテカリタイプは、乾燥肌と脂性肌の混合タイプなので乾燥肌向けも参考にしましょう。)

皮脂分泌によるテカリをコントロールしたい、毛穴を引き締めたい、ニキビの炎症を抑えたい場合は「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「甘草エキス」などの成分が皮脂コントロールや毛穴引き締めに効果的です。

4.化粧水の正しい使い方は?

1.500円玉大ほどの化粧水を手にとり、お肌全体に優しく広げます。

2.コットンを2枚に重ね、化粧水をたっぷり含ませて、優しくおさえるように肌になじませます。

手のひらで化粧水をつけてもいいですが、手のひらに吸収されてしまうため、コットンをおすすめします。

3.コットンを裏返し、化粧水を追加して、優しくおさえるように肌になじませます。

お肌がひんやりしてきたら化粧水が浸透しているサインです。

約150mlの化粧水で、3週間〜1ヶ月で使い切るのが理想的です。

肌質は人それぞれ違うので、オンラインや対面で肌質チェックや個別スキンケアをレッスンしています♪

画像を押すと詳細ページに移動します

エステティシャンおすすめ!プロユース化粧水3アイテムが総合的に優秀!

DEA GAIA「セルリファクター エイジレスリフティングローション」

【乾燥肌・敏感肌・脂性肌など、どの肌タイプでも◎】

ヒト幹細胞エキスをはじめ、ヒアルロン酸、アルブチン、スクワラン、ダマスクバラエキスなどが入っています。

乾燥肌や敏感肌の方には保湿力を高めるヒアルロン酸、肌細胞を高めるヒト幹細胞エキス、脂性肌やニキビ肌に毛穴引き締めや赤みを抑えるアルブチンが総合的に入っているのでどのような肌タイプの方でも使えます。

少しとろみがありますがベタベタ感はありません。肌なじみもよくつけた瞬間はみずみずしく、浸透するともっちりする変化があります。

Cell Care「GF プレミアムアミノローション」

【乾燥肌・敏感肌におすすめ◎】

細胞の修復を高めるEGFや8種類のアミノ酸、スーパーヒアルロン酸、海洋深層水が入っています。

水分保持力が弱くスキンケアを塗ってもすぐに乾燥しやすいという方にスーパーヒアルロン酸、粉ふきやカサつきをうるおいでカバーしながら、同時にEGFや8種のアミノ酸が細胞を修復させるのでパワーアイテムです。

少しとろみがあって、肌をつつみこむようなしっとり感が長く続く印象です。

CBS EST LABO「薬用ローションEL」

【乾燥肌・脂性肌におすすめ◎】

肌荒れを予防したり、皮脂コントロールやニキビ予防にもなるビタミンC誘導体、グリチルリチン酸(甘草エキス)、プラセンタエキス(アミノ酸やミネラル)が入っています。

皮脂テカリや毛穴の開きが気になる、ニキビやニキビ跡などが気になる方におすすめなビタミンC誘導体とグリチルリチン酸、プラセンタエキスがアプローチしながら、肌表面は乾燥させないようなしっとりした仕上がりが良い。

さらっとしたテクスチャーで肌なじみがよく、つけたあとしっとりします。

ご紹介したアイテムはサロンでしかお取り扱いがないので、下のアプリより、私のサロン経由で購入することも可能です。

アプリをインストールし、

サロン紹介制アプリ BCC

サロンID:113611

認証コード:93056489

サロンIDと認証コードを入力し、お客様情報を入力すると登録完了します。

検索ボックスに「化粧水」と入力するとアイテムが表示されます。

自分の肌にあった化粧水を選び、正しくケアしてくださいね♪

【スキンケアの基本】 クレンジングの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 洗顔の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 化粧水の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 美容液の種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 シートマスクの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

【スキンケアの基本】 乳液、クリームの種類・肌にあった選び方・正しい使い方

エステティシャン・寒川あゆみについてはこちら

https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa

-スキンケア
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 エステティシャンによる美容の教科書 Powered by AFFINGER5